1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. ことり組 今週の様子11月9日-13日

ことり組 今週の様子11月9日-13日

今週は秋晴れの中、気比神宮まで園外保育に出かけたり、木曜日には遊びのなかで楽しんできたどんぐりパーティを開催したりと、楽しいことがたくさんありました!

その中でも特に…今回のブログではどんぐりパーティの様子をお伝えしたいと思います。

 

みんなで染めた布は、ドレスと蝶ネクタイになり、平井製のどんぐり帽子と一緒に「ブティック亀田」で大バーゲン(代金は、サツマイモスライスと、どんぐりの帽子)!

 

お洒落してついたところは、どんぐりパーティ会場で、天井には飾り付け担当チームのガーランド、葉っぱのオーナメントが下がっています。

会場の奥には、ゲーム作りチームがつくった「どんぐりころころ(お池にはまってさあ大変)ゲーム」があります。(これはパーティの始まる前や後に、順番に遊べるのです)

会場の真ん中にディスプレイしてあるたくさんのケーキは、パティシエ班が次々につくってくれました。「もう一つ作る!」「もっと大きいのを作りたい!」と創作意欲が盛り上がり、所狭しと並んだケーキはとっても美味しそうです…!!

パーティにはお客様を、職員室の先生方3名をご招待しました。一緒に並んでお食事して、ゲームや絵本を楽しく分かち合い、楽しい時を過ごしました。

スペシャルゲームは「鳴き声クイズ」!本物の動物や虫の鳴き声を聞いて、秋の風情を感じながら…大型絵本は「もりのかくれんぼう」。少し不思議な、色鮮やかな秋の世界を楽しみました。

どんぐりパーティの準備の中で、秋ならではの自然物の美しさを感じ、落ち葉や木の実を大切に遊びで活かしたり、またじっくり観察したりする姿がありました。また、作ることが好きな子どもたちは、切る貼る描くは勿論、染める繋げる見立てる塗る…等、いろいろな技法を用いてどんどん遊びを広げました。

あるお友達の「どんぐりパーティができるよ」の一言がクラスみんなをわくわくさせ、同じ目的を共有して遊ぶきっかけになり、ひとりひとりが役割を見つけて遊びに夢中になり、この日を心待ちにしていました。

子どもたちは、ただただ楽しいね、もっともっと…の毎日で、教師たちは連日子どもたちの力を感じ歩んだ2週間です。

年中組の秋…この気持ちの良い季節に、素晴らしい経験ができたことを嬉しく思います。そして、ことり組の世界をこんなにも楽しく豊かに広げてくれた子どもたち自身の力に拍手。育ててくださる神様に、感謝です。

明日は、作品展です。作ること、描くことが大好きな個性豊かな子どもたちの、活き活きとした表現を、楽しみにおいでください。ひとつひとつ、どれも個性が詰まった素晴らしいたからものです。ひとりひとりの個性が詰まった作品を、園中に掲示して、明日子どもたちとご家族の皆様と喜びを分かちあえることを楽しみに、お待ちしております。

関連記事