1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. ひかりぐみクリスマス

ひかりぐみクリスマス

12月13日、心待ちにしていた
ひかりぐみクリスマス礼拝と祝会が行われました。
この日を迎えるまで、子どもたちは
一つ一つの準備に喜んで取り組みました。

カレンダーに一人一つずつ印をつけたり、
大好きな人にプレゼントを作ったり…
アドベントクランツの火が灯るたびに
子どもたちの期待も大きく膨らみました。

ページェントでは、
自分の役に愛着と責任を持ち、
一生懸命に取り組む姿を見ることができました。
なかなか台詞が覚えられない
友だちの側に寄り添って一緒に話したり、
空いた時間に自分の台詞カードを持ってきて
「まだ覚えてないからこれ読んでていいですか?」
と教師に話して黙々と練習をしたり…
子どもたちの優しくてまっすぐな心を
たくさん感じることができたことも、
クリスマスの大きな恵みです。

P1030782

当日は大きな緊張もある中、
精一杯の姿を見せてくれました。
自分の役割を果たそうとまっすぐに
星を見つめる姿、口を大きく開けて、
声を合わせて賛美歌を歌う姿に
胸が熱くなりました。
この二学期で、子どもたちはまた
大きくたくましく成長してくれたと感じます。

その後の祝会では、
美味しいケーキをみんなで分かち合ったり、

P1030840
今日のために作ったとっておきの
プレゼントを渡したり、
なんと幼稚園にサンタさんがきたり…?
楽しいこと、盛りだくさんでしたね。

そして、楽しい余韻そのままに
翌日には、クリスマスキャロリングと
慰問に出かけました。

園長先生に礼拝で慰問に出かける意味を
教えていただき、
キャロリングでは2曲賛美歌を歌い、
きてくださった方々とクリスマスの
喜びを分かち合いました。

P1030935

クリスマス慰問では、第二渓山荘ぽっぽさんに
出かけ、お年寄りの方々と交流しました。

P1030939
賛美歌を歌ったり、童謡を歌い合わせたり、
心を込めて作ったカードをお渡しして
楽しいひと時となりました。
神様のお手伝いができたことを心から喜び、
園に戻って、美味しいクリスマス会食を
いただきました。

IMG_1828

子どもたちと、楽しく喜びに満ち溢れた
クリスマスを迎えることができたことが
とても、とても幸せです。
クリスマスのあたたかい経験が、
子どもたち一人ひとりの心の糧となり、
周りを明るく照らすことのできる
「光の子」として歩んで行くことができますように…
大好きな子どもたちのことをいつもお祈りしてきます。
ご協力、ありがとうございました。

関連記事